【 古物商細矢とは? 】

古物商でガツンと稼ぐ研究会
古物は副業にも最適



古物商でガツンと稼ぐ研究会 細矢です。
自己紹介をご覧頂き、ありがとうございます。

それでは私の自己紹介をご覧ください。



不発弾?として生まれた?!

私はどちらかというと貧乏な家の三男として生まれました。
上の兄とは7つも、年が離れて生まれました。

ある日、適当な一発?が命中してしまい、この世に生を受けました。

当時の記憶は当たり前ですが、このころの記憶は今となっては、ぜーんぜんありません。

覚えているのは、兄の二人にいつも イジメ られていたこと。

お風呂にいっしょに入るといつも死にそうになるまで
頭を押さえつけられていたことを覚えています(笑)


オヤジはトラックの運ちゃん

父はトラックの運転手でした。
長距離運転手だからいつも家にいませんでした。
遊んでもらった記憶もほとんどない。

当時は長距離運転手といえば、高給取りのはずが、我が家はまさに貧乏そのものでした。
育ち盛りの三人の子供をもつ我が家は、食べるだけが精一杯の家庭でした。

おやつの取り合いでよく喧嘩しましたね(笑)
といより、ただ殴られて横取りされていただけですけどね・・・・。

そんな家庭ながらも比較的、幸せに暮らしていましたが、
ある日を境に変わっていきました。


いまだに覚えている驚いたこと

幼稚園ぐらいですかねぇ〜、お友だちの家へ遊びにいったんです。

あららぁ〜

目が点になりましたね。

おっじゃましま〜す!って入ったらデッカイ『下駄箱』があったんです。

下駄箱に目が点になりました。

まぁ〜今思えば普通の下駄箱ですよ、だれの家にもある下駄箱です。


普通は、下駄箱ぐらいじゃ驚きませんよね。

でも我が家には下駄箱なんてなかったんです。
しまうほどの靴がないから必要ないんですよ(笑)

あぁ〜靴にもタンスがあるんだぁ〜っ

驚きました。

しかし、この感激の後、お友だちを家に呼ぶことができなくなってしまいました。。

小っちゃいながらにデリケートなんですよね。このころって。
自分のちっぽけな小屋みたいな家が恥ずかしくなってしまったんです。


小さいながらに決意したこと

それでも、幸せにすくすくと育った私ですが、

兄達といっしょに大きくなるとあることで
父と母がだんだんもめる機会が増えるようになりました。

なぜ、父と母が喧嘩していたかというと、

お金。

育ち盛りの三人の男がいると、お金がかかるんですよね。

食費、服代、学費、部活代・・・・・。

父と母がキューきゅうな生活で、毎日のようにもめるようになったんです。

その喧嘩を部屋の隅できくのが、一番イヤでした。
今でもはっきりと部屋の片隅で小さくなっている自分を覚えています。

いくら耳をふさいでも聞こえてくるンです。

父が母をどなる罵声。
泣きながら言い返す母のカン高い声。
そして、ドスンと壁を殴る音。

心臓がバクバクして、

これからどうなるんだろう?

そんな不安を今でもはっきり覚えています。
※もしもご家族がいるなら、奥さんを泣かしちゃぁ〜いけませよ。
 お子様はきちんと見ていますからね。

「お金が無いのは絶対にイヤだな。絶対にイヤだ!」
このころから、そう思うようになっていきました。


三人兄弟のその後

その後、長男は「がっちガッチ」のエリートサリーマンになりました。

お金がないから大学こそ進学はできませんでしたが、
成績は常にオール5。一流会社に推薦入社。
(トラックの運ちゃんよりも、運ちゃんを使う会社のようなエリート会社の方がいいそうです)

それに比べ次男は、全く正反対の暴れん坊になりました。

頭はビチッとアイパー。眉毛は超ぉ〜細!
映画でるのような暴れん坊です。

そんな次男も今ではきっちり自営業者になってます。

こんな正反対の兄二人を持った私は、

勉強はダイ、大、だいっきらい!

高校では学年最下位をきっちりキープ(笑)
ろくな就職先も見つからず、フリーターへの道を歩みました。

フリーターといっても、はっきりいうと 職無しのプータロー。

いつもお金に困っていました。
少しばかりのお金を手にするとパチンコですってしまう日々。

こんな生活を何年送ったでしょうか。

漠然と将来に不安を感じるようにりました。

「そろそろ働かなきゃなぁ〜」

そうすると、お決まりのコースです。


でこぼこ人生のスタート!

そう、職を転々とする「でこぼこ」人生コース!

バーのボーイから始まって、営業、デスクワーク、工場、農機具販売、怪しい商売・・・・・。

これ面白そう?自分に合うんじゃないか?
と思ったら即就職していました。

しかし、肉体営業は体が弱いため?根性が無い?
ためあわず、デスクワークも集中力が無いからぜんぜんダメ!

あげくの果てにはリストラまで・・・・(くぅ〜泣)

どこへいったらよいかわからない、
自分は何を求めているのかわからない。

目隠しであるくような日々。
そんな生活を送っていました。


一番悔しい思い出

このころは、ポケットに百円もないことが良くありましたね。

百円のジュースが買えないんです(笑)
転職ばかりで給料が安いから悲惨でした。

買えないだけならまだしも、ジュースを飲んでいるグループにも近寄れないんです。

なぜだと思いますか?

理由はね、もしもおごって貰ったらお返ししないといけないでしょ。

「このあいだ、おごっても貰ったから、今日は俺が買うよ。」

この一言が言えないから近寄らないんです(笑)

転職時代はきつかったですね。


自立を考えるものの・・・・。

それから、こんな自分でもできる何かをやろうと考え、
次第に少しずつ自分で商売をやり始めるものの・・・・。

ここからが地獄の始まりでした。
いやぁ〜ほんとに長かったです。

ありとあらゆる本を片っ端から読み始め、儲かると聞けば直ぐに手を出す。

立ち上げては撤退、立ち上げては敗退・・・・。
友人と立ち上げたビジネスでは、友人に裏切られたこともありました。
二ヶ月間無収入のときもありました。

いくつの商売を行ったでしょうか。10じゃきかないだしょうね。


苦しい中で気づいたこと

そんな苦しいときに気がついたんです。
農機具営業の先輩から言われた一言を思い出しました。

「感謝されて半人前、お客に教えて一人前」

うぅ〜ん、当時は意味がわかりませんでした。

生意気な若造は、

「こいつ何偉そうなこと言ってんだ!
 少しばかり成績がいいからって、威張るんじゃないよ。」

そのぐらいしか理解していませんでした。

でも、今なら少し分かるのです。

儲かることを考えているだけでは、半人前にもならない。
それよりも、まずはお客に感謝されるようになれ!

そして、お客へ正しい道を教えられるようなプロの存在になれ!
そうなれば、自然とお客はお前についてくる!

こういうことなんですよね。

えっ?みなさんは一発でわかったですって。。。。
なんだか恥ずかしいですね。

でも、当時はこの言葉の意味が本当にわからなかったのです。
言葉の意味は分かるのですが、体感できなかったんです。

そこで私は元に戻って考えました。
自分がお客さまに感謝されること、人に教えられること・・・・・。

このことを意識してから、どのくらいたったでしょうか?
半年、いや、一年、それぐらいたったでしょうか。

そしたら気づいたのです。

私はこれなら人に教えられるはずだ!

私が、販売した商品がお客さまに喜ばれるなら、
この喜ばれるノウハウをみんなに公開したら、もっと喜ばれるっ!

もしかしたら、今まで以上に喜んでもらえるのでははないのか!?


今の私

そして、今現在、こうしてあなたにHPを紹介するまでになりました。
失敗の連続中で成功してるのが、この古物商なのです。

しかも、年商2500万円を売り上げるリサイクルショップマルヤスさんのご協力を頂き、
このHPを立ち上げることができました。

けっして、今お伝えしていることが完璧かというと、完璧ではないかもしれません。

全てのお客様に、感謝・カンシャ!されているわけではないでしょう。

まだまだやらなければいけないこと、伝えなければいけないこと、
たくさんあると思います。

しかし、この分野に関しては人様よりは楽しみながら一歩先は進んでいると思います。

なにも知らずこの業界に入ったので、苦労はしましたが、この古物商だけは、
人より高い利益性を出していると思います。

そして、これから始められるあなたには、
私のような余計な苦労をする必要が無い方法を知っています。

ですので、この度このノウハウを公開しております。
一人でも多くの起業家の支援を出来ればと考えています。

この内容は、けっして難しいことは何一つやらなくてもいいんです。

こんな何をやってもダメな私でも、カンタンにできたのですから。

あなたの生活をほんの少しでも豊かにする方法の一つだと思います。
生活をワクワクどきどきエキサイティングな毎日を送る方法だと思います。

そして、今、
私は、このマニュアルをあなたにご案内するのが私の仕事だと考えています。

そして一人でも多くの方に今ある問題点を解決するお手伝いができればいいと思っております。

現状の問題点と常に見つめあい、
ほんの少しの興味と好奇心をもてば、どんな問題でも解決できる!

そう私は考え敢えて公開しています。

もしも、あなた様が何かの問題があっても、現状を決して、あきらめないでくださいね。

もっと何か別の方法がないのか?

そう、いつも考えてください。
あなたなら解決できます。
こんな私でもイッチョ前にノウハウのご紹介しているのですかね。

もしも、 私の古物マニュアルにご不安があるのであれば、遠慮なくご質問ください。
そして、合わないと感じたのであれば、別に古物商でなくてもいいじゃないですか。
あなたに合うかどうか?ご質問ください


最後に

不安にならず自信をもってください。

あなたなら出来ます(^0^)v
不安がらず実践してみてください。
実践すれば今までとは違う何かが見えます。

そして、新しいことにチャレンジして、
10代より、20代。20代より30代。30代より、40代。40代より50代・・・。

年を重ねるほどのエキサイティングな人生を送りましょう。

私は、80になろうとも、90になろうとも、もっと楽しい、
もっと刺激的な人生を送れるものだと信じています。


あなたや私がそれができるか出来ないか? 

それは、今の自分にかかっています。
今日、あなたや私が何を考え、実行するのか?このことにかかっています。

その選択は、すでに過去から始まり、今でも続いています。

私は、90代になっても刺激的な人生を送ることを信じています。

だから、全速力で頑張ります。

さて、あなたは今からなにをしますか?

ともにエキサイティングでワクワクする人生の為に頑張りましょう!



このサイトを古物商について悩んでいる友人に紹介する

古物商認可番号 第 441210001057 号

古物商免許取得で稼ぐ!副業をお考えなら古物商でガツンと稼ぐ研究会
Copyright (C) 2005 kobutusyou. com All Rights Reserved    古物商でガツンと稼ぐ研究会